ミラノへの道5 ミラノ到着編

ようやくミラノに着いた

マルペンサ空港からミラノ中央駅へ向かう
マルペンサ空港からミラノ中央駅へ向かう

成田から直行便で12時間。
正直、それで到着するならマシだと思う。
直行便で到着というパターンは、あとイスタンブールしかない。
大体は乗り継ぎ2回で17時間くらい。
クラクフの時は、プラス列車で3時間、計20時間ほど。
12時間って、まだいい方なんだよな。

ようやくアパートメントホテルに到着
ようやくアパートメントホテルに到着

というわけで、ミラノのアパートメントホテルに着いて3時間ほど経った。
現在23時40分。
日本時間だと6時40分。
近くのミニスーパーで当座の食料とワインを買い込み、さっそく飲みまくっている。
普通なら、これから仕事だが、ここではまだ「夜」だ。
誰憚ることなくガバガバ飲んでいる。
ひとシャワー浴びたあと、また飲みまくるとしよう。

ちょっとした幸運に恵まれたのかもしれない

中央駅行きのバス
中央駅行きのバスを発見

アパートメントホテルのレセプションに到着したのが19時58分。
チェックインリミットは20時だから、本当にギリギリの到着だ。
おかげで追加料金なしでチェックインできた。
これはほとんどミラクルと言っていい。
タイムテーブルどおりなら、1時間のレイトチェックインは必至の状況だった。
どんなに時間を詰めても、20時30分というのが当初の予想だった。

ラッキービーナスは2度微笑む

最初の微笑みは、マルペンサ空港への到着時間。
当初予定に比べ20分ほど早かった。
通常なら毎時数十キロほどの向かい風のところ、なぜか知らないが、毎時数十キロの追い風がしばらく続いた為だ。
ありがたいことだが、一体どうしたジェットストリーム。

次なるラッキーはバゲージ受け取り。
いつもなら最後の最後に出てくるキャリーケースが、どういうわけか今回、早々にターンテーブルで回転寿司状態。
あんまり早く出てきたものだから、あやうく見逃すところだった。
気まぐれだったかもしれないが、幸運の女神の微笑みに感謝を捧げよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください