201806台湾小旅行1日目【函館から台北へ】

函館から台北桃園空港

晴れ渡った空と函館空港到着ゲート前のバス亭

2018年6月14日(木)台湾旅行初日。
函館は快晴だが最高気温17℃。例年に比べても涼しいというか寒い。
一方、台北は雨。この日の最高気温は31℃…Wow!函館との気温差14℃!
そうなると問題は服装だが、考えた末、トップスは台湾モード+軽量ウィンドブレーカー、靴は夏用スニーカー、ボトムスだけ普通のジーンズという、準台湾向け装備で行くことにする。
9時頃、同行の友人が我が家に到着。
ガレージから出しておいたワタシの車に2人分の荷物を積み、彼の車をガレージに入れ、空港へ向かう。
途中、湯川のイオンで昼飯を買い、高松興産(エアポートパーキング)に車を預け、午前10時すぎ、人生初となる函館空港国際線ターミナルに到着した。
今回利用したエアラインはタイガーエア。これまた人生初となるLCCだ。
機内食・飲み物は別料金。なので飲み物は自販機で買って持ち込み。昼メシはイオンで買った弁当を空港内の適当な場所で済ます算段である。
チェックインを済ませ、パスポートコントロールを通過したのが11時20分頃。
出発ロビーが立派に思えたのは、たぶんチェックインカウンターがあまりにもショボすぎたせいだろう。
12時前、腹を空かせた友人の意向でちょっと早めの昼食。予想外に「お値段以上それ以上」の弁当の味に満足しつつ、旅情に浸る間もなく12時40分発タイガーエアIT237で、人生初の台湾に向かう。

2018年6月14日のタイムライン1 函館から台北桃園空港

人生初LCCの機材は毎度お馴染みのエアバスA320。いつもより明らかに狭いシート間隔に、まあ4時間の辛抱と肩をすぼめつつ腰を下ろし、ちょっと驚く。見た目超狭々なのだが、思ったより膝頭に余裕がある。シート背面が立ち気味なのと、もしかすると座面が高いせいなのかも知れない。4時間くらいなら楽勝だろう。座席モニターはないが、もとよりまったく問題ない。
さすがLCCと思ったのは食事(有料)メニューが用意されていること。
予想より高くはなかったが、利用したいかと言えば微妙。台湾ビール100元(約360円)にはグラッと来たが…。

12時40分、IT237便は定刻に出発。根崎方面へ離陸した後、十三湖、佐渡島、能登半島上空を経て、15時20分(現地時間)頃、台北空港の南側からアプローチを開始。窓の外に広がる南国の、ねっとりとした大気を切り裂きながら、ほぼ定刻(15時50分)で台北桃園空港──人生で一番南の場所──に降り立った。

台北桃園空港から士林サービスアパートメント

2018年6月14日のタイムライン2 台北桃園空港から士林サービスアパートメント

機内からボーディングブリッジに渡った瞬間、ムッとした空気に包まれる。まるで温泉の脱衣場だ。急ぎ足で冷房の効いた建物に入り、トイレに寄りつつバゲージ・クレームへと向かう。
思ったよりも早めに荷物を受け取り、思ったよりも涼しくない空港内を移動。思ったより遥かに混雑している入国審査に引き攣りながら、けっこうな予定オーバーで手続きを済ませる。そのあとATMで3000元(台湾ドル)をおろし、MRTのサービスカウンターで悠悠カード(100元)を購入、当座の行動費として1500元をチャージ。MRTのホームに辿り着いときにはすでに17時30分を回っていた。結局、台北駅行きのMRT快速(直達車)に乗車したのは17時43分。この時点で予定の1時間オーバーという状況だった。
昨年(2017年3月)開業の真新しい空港MRTは、一部頭のおかしい乗客を除けば概ね順調快適。40分ほどで台北駅に到着後、MRT信義線に乗換のため、あまり冷房の効いていない地下街を進むのだが、これがけっこう遠く、また想像以上に人出が多い。結局、予定時間オーバーを地味に上乗せしつつ、満員の車両に揺られながら士林駅を目指すのであった。

士林サービスアパートメント到着、そして士林夜市巡り

2018年6月14日のタイムライン2 台北桃園空港から士林サービスアパートメント

士林駅に降り立ったの19時半近く。すっかりと日も暮れ、覚束ない街灯の下、ガラガラとキャリーケースを引きずりながら雨に濡れたアスファルトを進む。
途中、目標をミスって数分ロスしたものの15分ほどで宿へ到着。噂どおりに分かりづらい入口だったが、幸いスタッフが外におり、友人の会話能力もあって極めてすんなりとチェックイン。余談だが、部屋替えの交渉も行ってくれて謝謝。
部屋に到着後、荷ほどきもそこそこに士林夜市へと向かう。
待ち望み待ち焦がれた台湾の夜市。腹減ったビール飲みたいエフェクトもあって、期待ゲージはマックス振り切り。予想以上の賑わいに圧倒されながら、これはと思った店でファーストコンタクトを果たす。その結果は…まあ、細かいことは良いではないか。台湾ビール臭豆腐牡蠣オムレツ小籠包炒飯…どれもとてもリーズナブルなお値段で、空腹と乾きを満たしてくれた。それだけで良しとしようトクニフマンハナインダカラネ。出来れば牡蠣が新鮮で、小籠包にスープがちゃんとあって、炒飯が炒飯の味をしていてくれれば最高だった。ビールは最初から最高だったが。
長年の夢をとりあえず成就したあと、すっかりと小振りとなった夜市を巡り、あれこれそれやと、初日にして夜市の経験値を急速に積み重ねて行く。

ふるさとと夜市は遠きにありて思うもの

アパートに戻り、そんな言葉を思い浮かべながら、屋台で買ってきた揚げ物肉巻きを台湾ビールで流しこんだ。

士林夜市「饗味鹹酥雞」の店頭に並んだ食材