札幌に来ている2

札幌純連 みそらーめん+温玉
みそらーめん+温玉 旨味と風味と滋味のミルフィーユ

当分訪れることもないだろう札幌の夜。記憶に残る晩飯を求めて平岸の「純連」に車を走らせる。七時半頃だったが予想通りの満席。難なく車が停め られたのはまったくのラッキーだ。改築間もない風の小奇麗な、10人がけカウンターと4人がけのBOX席二つで構成された、かなり普通の店内に、客が纏う 「美味研鑽」のオーラが漂いまくる。函館ではついぞお目にかかることがない雰囲気に期待が高まる。

フィレンツェな日々もあっという間に

春のうららのアルノ川とGRAZIE橋
アルノ川とGRAZIE橋 宿から徒歩10分ほど フィレンツェの春
ブリオッシュ(クロワッサン)とカプチーノ、それにCAMBIO(おまけ?)
ブリオッシュ(クロワッサン)とカプチーノ、それにCAMBIO(チーズとハムのサンドイッチ…おまけ?)呆れるほど美味い
B&B「Orti」の客室 パティオに通ずる大きな扉窓から光が差し込む
B&B「Orti」の客室 パティオに面した大きな扉窓から陽光が差し込む
客室のバスルーム側 冷蔵庫と電子レンジは特別に頼んだもの
バスルーム側 冷蔵庫と電子レンジは特別に頼んだもの 本来の設備ではない
窓を開け放つとご覧のとおり イタリアに来ているという実感が沸いてくる
扉窓を開け放つ なんというかイタリアン
買ってきたワインとトマトをテーブルに置いてみる パティオの柔らかい光がイタリアン
ワインとトマトをテーブルに置いてみる パティオからの柔らかい光がイタリアン
旨いと評判の「Pizza Man」 店の前はいつも人だかり
旨いと評判の「Pizza Man」 店の前はいつも人だかり
噂の「ピッツァマン」 手前は「ナポリ」7ユーロ 奥は5ユーロ
「Pizza Man」のピザ 手前は「ナポリ」7ユーロ 奥は5ユーロ 日本語でギャグを操るイタリア人スタッフがいる
フィレンツェ市内を練習走行中 どこを走っているかまったく分からない
フィレンツェ市内を練習走行中 どこを走っているかまったく分からない
斬新な停め方? なぜこうなったか理解不能
途中こんな風景に遭遇 なんでこうなる?
ピサの街外れ、地中海へ向かう何の変哲もない田舎道
ピサの街外れ 地中海へ向かう何の変哲もない田舎道
フィレンツェから1時間半ほどでピサに到着  斜塔が倒れそう
フィレンツェから1時間半ほどでピサに到着  斜塔の傾きが想像以上
押すところはとことん押す強引な運転だが、引くところはキッチリと引く
押すところはとことん押す 強引な運転だが引くところはキッチリと引く そこがイタリアン
フィレンツェの裏通り商店街といったところ 宿から徒歩1分もかからない
フィレンツェの裏通り商店街といったところ 宿から徒歩1分ほど
近所ののレストランテ「Di Sord」 夕食はほぼここ ジャンニが食べに来ている
近所のレストランテ「Di Sord」 夕食は大体この店 ジャンニが来ていた
バール「Carli」のマスター 額は薄いが男前
徒歩30秒ほどのところのバール「Carli」のマスター 額は後退しているが男前
バール「Carli」のパンが美味しい エスプレッソが美味しい
「Carli」 で朝食 パンもカフェラテも超絶旨い
B&B Ortiオーナーの「ジャンニ」 お世話になりました
B&B「Orti」オーナーの「ジャンニ」 お世話になりました
最終日 宿の玄関前 手前の車を運転してフィレンツェ空港へ
最終日 宿の玄関前 手前の車を運転してフィレンツェ空港へ

青いラインは駐車OKの印 終日無料で停められる

フィレンツェへの長い道

ローマ空港まであと11時間 先は長い
ローマ空港まであと11時間 先は長い
16時 離陸後2時間弱で夕食 アリタリアだけにイタリアン 
16時 離陸後2時間弱で夕食 アリタリアだけにイタリアン
ベニスを通過 ローマまであと少し
ベニスを通過 ローマまであと少し
着陸2時間ほど前の軽食 左の黒い物体はティラミス 羊羹ではない
着陸2時間ほど前の軽食 左の黒い物体はティラミス 羊羹ではない
フィレンツェ行きは2時間以上の遅れ…宿へ電話を入れる
ローマ空港 フィレンツェ行きが2時間以上の遅れ 宿へ電話を入れる
フィレンツェ行きのエアバスにようやく搭乗
フィレンツェ行きのエアバスにようやく搭乗
成田を発って17時間弱 やっとフィレンツェ空港に到着
成田を発って17時間弱 やっとフィレンツェ空港に到着

成田の朝

田のホテルで迎えた朝 本日午後にテイクオフ

曇りガラスに描いた飛行機とフィレンツェの文字
曇りガラスに描いた飛行機とフィレンツェの文字
インターナショナルガーデンホテル成田外観
インターナショナルガーデンホテル成田 団体客のための現代風旅籠
モーニングビュッフェ
モーニングビュッフェ イナゴの群れが去った後のようだ

 

道路挟んで向かいのラブホ
ホテル外観別アングル…なわけがない 道路挟んで向かいのラブホ

Até logo Lisboa

マリア(女性)とホテルマネージャー(名前忘れた)
マリア(女性)とホテルマネージャー(名前忘れた)
ホテルのダイニングールーム ろくでもない天気予報に皆いっせいに振り向く
ろくでもない天気予報に皆いっせいに振り向く

リスボンを発つ日がやって来た。
今日は朝から雨。
もちろん、台風18号の影響ではない。

ホテルの近くでひろったタクシー(ボロいベンツ)で空港へ向かう
ホテルの近くでひろったタクシー(ボロいベンツ)で空港へ向かう

当面の心配はパリ行きの便のチェックインだ。
大丈夫だとは思うが、この国はラテンだし。

予定時刻を10分過ぎてようやくオープン準備のチェックインカウンター
予定時刻を10分過ぎてようやくオープンの準備 ラテンだ

なんにせよ Até logo Lisboa!