秋田といえば稲庭うどんですね

夏の秋田は暑いというイメージどおりに暑い。
曇っているのに30度とは。
そんなわけで、今、寛文五年堂秋田店で、「乾麺、生麺味比べ天ぷらセット」1675円税込を待っている。

稲庭うどんの名店 寛文五年堂の外観
寛文五年堂の外観 期待が高まる

寛文五年堂秋田店
住所:秋田県秋田市中通1-4-3 エリアなかいち 1F
http://www.kanbun5.jp/shop.php

東京で言えば大手町っぽいエリアの、複合ビル1F。
和風モダンというのか、非常に小洒落た店だ。

あっという間にオーダーの品が来て、あっという間に食べてしまった。
写真はあとでアップするとして、まずは評価と感想。

乾麺、生麺味比べ 1025円
乾麺、生麺味比べ 1025円

期待を裏切らないという安定感

もし、路地裏の片隅で見かけた薄汚れた暖簾の先で出会っていたら、感動の嵐だったとおもう。
これだけの舞台装置と洗練されたスタッフ(和装の女性)とシナリオであれば、期待というハードルは相当高い。
その期待を裏切らず、平然と、期待どおりの美味しさを、期待どおりのサービスと雰囲気で提供しているのだから、相当にレベルの高い店だと思う。
ネットの評判も悪くないし、店もそこそこに賑わっているし、だったら素直に美味いと言えばいいのだが…。
飲食ビジネスモデルの、なんだかよくできたソリューションという印象が強すぎて、味の感想に辿り着けない。
いけない、これではせっかくのウドンが伸びてしまう。
ワタシはうどんを食べに来たのだった。

食感は僅差で生麺>乾麺

手前が乾麺 奥が生麺
手前が乾麺 奥が生麺

まずうどんの感想。
コシを残しつつ、最後に優しくぷっつりと千切れる乾麺(平麺)と、最後までモッチリと歯ごたえのある生麺(やや太麺)。
けっこう違うというのが第一印象。
そもそも、あまりうどんを食べる習慣がないので、それ以上の違いはよくわからない。
うどん県の人にはゆゆしき問題なのかもしれないが。
ツユは、定番の薄口醤油ベースの所謂うどんつゆと、やや酸味のあるごまつゆの二種。
好みとしては、生麺とうどんつゆの組み合わせがベスト。
生麺とうどんつゆのカップルがそれに続く。
ごまつゆは、淡白なうどんに対し、やや個性が強すぎる印象。
口の中が、酸味とゴマの風味に占領されてしまう。
しゃぶしゃぶ風肉ウドンだったら断然こっちだ。
付け合わせは「いぶりがっこ」と「ひじきの煮物」と薬味。
普通に美味しい。

セット限定オプション 天ぷら盛り合わせ675円
セット限定オプション 天ぷら盛り合わせ675円

天ぷらは、実はオプション。
基本の味比べセット1025円に675円プラスで提供されるもの。
構成は、エビ2尾、オクラ、ヤングコーン、なす。
もちろん、揚げたてを提供してくれる。
オクラとナスが夏の雰囲気を醸し出している。
味は期待どおり。
エピは適度にプリッとしているし、オクラも、なすも美味しい。
衣も十分にサクッとしている。
このロケーション、この雰囲気の店で675円はサービスプライスだと思う。
思うのだが…。
食べ終えて、敷紙にべったりとついた油を見つめ、しみひとつ残すことのなかった昨日の天ぷらとの違いに、思わず考え込む。
シャキッとしていながら生じゃない、みずみずしいナス。ほとんど油を感じさせない超絶技巧。
ゆぽぽ山荘のそれが「天ぷら」だとしたら、今まで普通だった美味しいナスの天ぷらって一体?

ゆぽぽ山荘の天ぷら 超絶技巧の揚げ方
ゆぽぽ山荘の天ぷら 超絶技巧の揚げ方

などと、埒もないことを考えてしまったが、そもそも同じ土俵で語ることが間違っているのだ。
期待どおりの天ぷらであり普通に美味しい。
ただし、期待値というハードル上げ状態での「普通」だ。
相当にレベルが高いことだけは強調しておく。

うどん界のスタバ?

周りから漏れ聞こえてくる奥様方の会話。
スタンフォード大学がどうだらこうだら、モーツァルトとザルツブルグ音楽祭がどうだらこうだらなどなど、時間と金がなければ語れない言葉を聞いていると、なんだか高級住宅地のカフェにいるような錯覚に陥ってしまう。

寛文五年堂秋田店は、うどん界のスターバックス的存在なのだろうか。
うどんを極めるのではなく、うどんのあるオシャレな空間と時間を楽しむ。
その舞台装置として非常に良くできているし、支払った金額を裏切るアウトプットもない。
安心安定の普通を提供するちょっとハイソなうどんカフェ、というポジションが一番しっくりするような気がする。

とはいえ、「普通」を侮ってはいけない。
実はこれ、相当にレベルが高い「普通」なのである。
ジャイアンツの4番バッターが、求められている結果をきっちり出しているのだ。
それを普通だなどというのは、実は、アンタ何様?という話なのだが、あいにくワタシはお客様。
お客様は神様なのである。
ずっこいけど。

時間は巻き戻せない

人気のない公園のブランコ
人気のない公園のブランコ 時はただ静かに流れる

時は巻き戻らず、覆水は盆に返らず。

それでも人は生きていかなければならない。
何かを食いながら、何かを悔いながら。

螺旋の日々090917

年の数だけ繰り返してきた日々 今日は9月17日。

2006年初秋。祭りで賑わう巣鴨。
2006年初秋 祭りで賑わう巣鴨

その日、伯父の一周忌に参列するため東京へ向かった。都電と江ノ電の撮影のためでもある。
そっちが主目的だった

と、正直に語ろう。

準備は着々と進行している…?

カメラバッグをソフトキャリーに乗せて「スーツケースとめるベルト(注:これでも商品名)」でとめる。
オレンジ色のタグと赤い鍵をつけて完成。 でも、ネームタグと鍵がこんなに大きいなんて思ってもいなかった。まあ、確かに目立つことは間違いないが。

通販の落とし穴である。

ソフトキャリーの上にカメラバッグ。オレンジ色のタグ。
ソフトキャリーの上にカメラバッグ。オレンジ色のタグ。

上にはカメラや筆記具、下には衣類などを入れ、移動時にはご覧のとおり合体させてゴロゴロと引っ張る。
搭乗時には分離してひとつを機内に持ち込む。
我ながら完璧な作戦だ。
何か重大な見落としがあるような気がするのはおそらく気のせいであろう。

・・・と言うことにしておこう。

ちなみにどちらのバッグにもパソコンが収納できるようになっている。

つかの間の夏は過ぎゆく

夏がやって来たと思ったらあっという間に過ぎて行って、旧盆の今日の朝、気が付けば、風は秋の気配さえ漂わせていらっしゃる。夏も半ばを越えていないってのにもうレクイエムですか。

蝉はどんな気持で飛び立つんだろうか。

 

七重浜海水浴場。夏の終わりの始まりのような空。
七重浜海水浴場。夏の終わりの始まりのような空。
七重浜の突堤で遊ぶ子どもたち
七重浜の突堤で遊ぶ子どもたち 夏の記憶が生まれる現場

そんなに悪い日でもなかった日

息子と一緒にブルーインパルスを見に行ったら中止になった。
とりあえず写真を撮った。
帰り道にラッキーピエロでチャイニーズチキンバーガーを買った。
一個食べて胸焼けした。
夕方、新しい冷蔵庫が届いた。
大騒ぎだった。
夕暮れ時、やきとり弁当を買いに行った。
ついでに新しい携帯を買った。
とりあえず写真を撮った。
夜、ピザをおかずにやきとり弁当を食べた。
がっつり胸焼けした。

そんな一日だったが、振り返ればまんざら悪い日でもなかった。
そう思うことにしよう。

夏が通り過ぎてゆく

水たまりの上にポツンと浮かぶブランコ
水たまりの上にポツンと浮かぶブランコ

世間は夏だというが、いったいどこが夏なんだ?
きっとこのまま通り過ぎていくんだろう。でも、近頃じゃそれも悪くないと思っている。

雨上がりの公園 遊ぶ人もいない滑り台
雨上がりの公園 遊ぶ人もいない滑り台