ひこうき雲

白い坂道が空まで続いていた

最近、この歌を口ずさむことが多い。
仕事の合間、昼休み、通勤途中、自宅。

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

このフレーズが特にお気に入りだ。
つい、何度も繰り返して歌ってしまう。
ラストの「かけてゆく」のキーがちょっと高くて、それに合わせると、曲全体のキーをかなり落とさなくてはならず、そうなると曲の雰囲気が台無しとなってしまう。
なので、サビだけ歌ってしまう…という事情もある。

まあ、それはどうでもいいのだが。

こころが冷えてゆく

DMC-GF1 + LUMIX 20mm
DMC-GF1 + LUMIX 20mm

近頃、そんな気がしてならない。
何て言えば良いのか分からないが、とにかく、少しずつ少しずつ、心という鉄の玉の中心から熱が失われている、そんな感じだ。
普通は外側から冷えていくだろう?
心の中にシベリア寒気団が居座っているんだな。
季節は夏に向かってまっしぐらだというのに。

原因は分かっている。
分かっているのだが、残念なことに有効な対策がない。
そのことがまた、ダウナーに拍車をかける。
ということを理解しているだけマシなんだろうな。

自分はどこに向かっているのだろう

NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm

まあ、どこに向かっているかなんて、言うまでもないことだ。
問題は、今、どこを、どんな風に進んでいるかということである。

たとえば、こう考えてみよう。

自分は今、「成り行き」という方向幕の列車に乗って、見慣れた車内で、どこかで見たような見知らぬ風景の中、ポツンと座席に座って、ぼんやりと窓の外を眺めている。
そう多くはないが、他に乗客がいる。
以前は誰かと隣り合わせて会話を交わすことも多かったが、今はほとんど誰とも口を利かない。
隣に座ってくることもないし、こちらから隣に座ることもない。
本当は、話をしたい相手もいたが、距離が縮められないまま時が過ぎ、いつの間にか余所余所しさが普通になってしまった。
最近では、距離を縮めるどころか、逆に開けたいと思うことも少なくない。
姿が見えないと心が安らぐ。

NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm

たまに友人たちがやって来て、話に興ずることもあって、そんなときはやっぱり楽しいのだが、友人たちもさまざまである。
互いの距離感にしばしば齟齬が発生するのはやむを得ないことだし、よくあることだ。
いちいち気にしていられないし、彼らにも彼らの人生があって、問題があって、大切なものがあって、乗るべき列車がある。
それは分かっているのだが、彼らの大切なものの中に、自分が大切にしているものが含まれていないこと、これからも含まれることはないだろうことを、突然、思い知らされる時があるのだ。

些細な齟齬であっても、積み重なれば心を削り、人と人の間に溝を刻み、気が付けばマリアナ海溝並になっていることがある。
そして、残念ながら、人は深海潜水艇でもなければノーチラス号でもない。
気付いたときにはだいたい手遅れって寸法だ。

NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm

まあ、彼らとも、そう長く共に居られないだろうし、自分もいつかは列車を降りなくてはならないというか、むしろ、先に降りる可能性も充分にアリだし。
いずれにしても、その日がやって来るまで、列車に乗り続ける日々が続くんだろう。

と、喩えるとこんな感じだろうか。
どこかで聞いたような話だとしても、それは偶然だ。
偶然も偶然。
それはもうまったくの偶然である。

旅と歌と友人と

NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm

人生に不要なモノを切り捨てていったら、何が残るだろうか。
う~ん、これは何が残るというより、何を残したいかということだな。
生物として不可欠なモノや、それに要する費用的なモノはとりあえず除外。
人が人たり得るもの、つまりメンタルやスピリチュアルなものだ。
となると、ワタシ的には旅と歌と友人だろうか。
人間は人と人の間で生きて行く。
旅も歌も友人も、すべて人と人を結びつけるもの、あるいは結びつきそのものだ。

写真というか撮影は…微妙だな。
「つなげるチカラ」はあるけれど、実を言うと、伝えるチカラにおいては、歌に負けてるような気がする。
なかったら楽しみが減るが、なくても生きて行けそう。
それに対して、歌がなかったら、たぶん生きていけないだろう。
などと言いながら、ついこだわってしまうのが写真なんだが。

NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm
NIKON D90 + TOKINA 16-50mm

続くと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください