角館を撮る たった1時間で?

さくらぎで蕎麦をいただいた後、1時間ほど、角館らしさを撮り歩くことにする。
そう、角館らしさ。
最初はそのつもりだった。

とある店の土台 やけにアートしている
とある店 やけにアートしている土台が美しい
とある店の軒先の大樹 影が美しい
とある店の軒先の大樹 木肌に落ちる影が美しい
掘割に落ちる影が美しい
陰と陽の対比が美しい
板塀に映る光と影が美しい
板塀を照らす木漏れ日と影が美しい
古いのか新しいのか分からないが美しい
なんだか分からないが美しい

結局、「角館らしい風景」は何一つ撮らず、ひたすら影を追いかけて終わった。
心がそう命じたから仕方がない。
そして、一番好きな写真はこれだ。

ボロボロの消火栓に共感する 老兵は死なず
ボロボロの消火栓が美しい

角館である必要はあったのだろうか?
もちろんあったと思う。
角館だからこそ撮れた写真なのだ。
たぶん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.