もっきりで最高にごきげんな夜

函館人なら「もっきり」でしょ

探し求めていた酒飲みの聖地がここにあった
○澤酒店 ここは酒飲みのエルサレム 約束の地

定刻に仕事が終わらない金曜の夜。
しかもジェイソンが跋扈しそうな13日。
ワタシはとうとう、ファイナルアンサーな酒場と巡り逢ってしまった。
しかもマイホームタウン函館で。
いわゆる青い鳥ってやつでしょうか。
幸せは灯台もと暗しって、あれです。
先日、東京の立ち飲み屋2軒を訪れて、こんな店いいな、あったらいいな。
でも函館にあるわけないしね、などと思っていた矢先だったので、本当に驚いた。
やるな○澤酒店。

そもそもはシェルバーがお目当てだったのだが

貝焼き3種盛り プリプリの牡蠣が超絶美味
貝焼き3種盛り プリプリの牡蠣が超絶美味

シェルバー、つまり貝と酒を供する店である
名前はひらがなで「○○○○」。
キューティーハニーの名字と言えばわかるだろう。
ニューヨークのオイスターバーを模したのか、なかなか洒落たコンセプトで好感が持てる。
シェルだから2枚貝がメインというか、サザエやツブ、アンモナイトのような巻き貝は対象外。
確かに、メニューにアンモナイトはない。

安ければ良い店だと思う

お通しのおでん400円
お通しのおでん400円

この店、なかなかの盛況ぶりである。
小さなカウンター内では二人のスタッフがフル稼働。
てきぱきした仕事ぶりと、愛想の良さが相まって、とても心地の良い空間となっている。
ついつい財布の紐も緩みがちなのだが、残念ながらというか、それが狙いなのだろうが、料金がやや高い。

ちょっとハイソな枝豆
ちょっとセレブ?な枝豆

まず酒が高い。
次に貝類が高い。
シェルバーのメインは貝と酒だから、この店のコンセプトに従うと、かなりコスパの悪い飲食というアウトプットになってしまう。
焼き串は2本で250円と、割とリーズナブルなのだが、シェルバーで焼き鳥?アスパラのベーコン巻き?
それはないだろうと思うのだが、財布の紐を締めようとすると、そういう選択肢にならざるを得ない。
しかも、そんなお得なメニューは早々に売り切れ。
それが戦略だとしたら、なんだか切ないぞ、○さ○ぎハニー。
というわけで、酒2杯を飲み終えたところで早々に退散を決め込む。
酒一杯と肴2品(うち一品はお通し)で済ますのが正しい飲み方なんだろう。

齢を重ね運命の地へ

かくして、究極の一杯を求める流浪の民は、聖地○澤酒店に辿り着くのであった。
その桃源郷ぶりを、まずは見て欲しい。

トレビアンなイカ刺し600円 3人前ほどのボリューム 
新鮮なイカ刺し600円 3人前ほどのボリューム トレビアン
しめ鯖200円 すごく安い
しめ鯖350円 笑っちゃう美味しさ
自家製の塩辛 実に味わい深い
自家製の塩辛150円 実に味わい深い というか安すぎるだろう
バタピー65円 なんだこの価格は
バタピー65円 なんだこの価格は
サバの水煮缶350円 大量のワサビが抜群に合う!
サバの水煮缶350円 その1/3くらい 大量のワサビが抜群の効果!
皆、お品書きを夢中で眺める 酒飲み至福の時
酒飲み、お品書きを夢中で眺める 至福の時
ホワイトボードに書かれた品書き ここが天国である証左
ホワイトボードに書かれた品書き ここが天国である証左
魅惑の缶詰と店主 酒飲み万歳
魅惑の缶詰と店主 酒飲み万歳
現役で活躍するカセットデッキ 井上陽水が流れていた
現役で活躍するカセットデッキ 井上陽水が流れていた

良い店だ。
函館にこんな店があるとは知らなかった。
なんで知らなかったのか、知る由もないが、これで札幌や東京、あまっさえ海の向こうで飲み食いする必要性は随分と減った思う。

また今度来よう。
というか、明日にでも行きたいくらいだ。
本当に良い店に巡り逢った。
Sさんには感謝感謝、おまけにもうひとつ感謝だな。

なお、昨今、酒屋の立ち飲みスペースのことを「角打ち」などと称しているようだが、東北、函館では「もっきり」という呼称が正しいというか由緒正しい。
ワタシにとって「角打ち」と言う言葉は大沼のブラックバスに等しい。
つまり外来種だ。
函館人なら「もっきり」と呼ぶべきだ。
知らないことを恥じる必要はないが、知ってしまったら郷に入って沿ってみるべき。
もっきりワンダフル。
人はパンのみにて生きるにあらず。
だから人生、もっともっきりしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です