休日はまったりと その2

花の湯で念願の温泉+生ビールを堪能した日曜日

花の湯のジョッキに生ビール450円税込: DMC-GX8 + LUMIX 20mm
生ビール450円税込
DMC-GX8 + LUMIX 20mm

いや~、ひとっ風呂浴びたあとの生ビールはもう最高ですね!!
全身で感じる乾きに、我慢に我慢を重ね、キリキリに冷えたジョッキを傾け、喉に流し込む瞬間がたまりません。
オレ、このためだけに生きてきたんだ!みたいな。
なんて安っぽい人生!
だが、それでいい!
ああ、だめな大人になってしまった~と思いながら流し込むビールの旨さと言ったら格別です。
ま、とりあえず生ね。

車を使わないことで手に入れられるもの

それは酒です、身も蓋もないけど。
酒を飲む自由を手に入れる、といった方が少しは格好良いか。

今回、自宅から花の湯までは徒歩で、帰路はバスを使った。
これがけっこういい感じの組み合わせで、花の湯まで歩くこと30分ちょっと。
今日は気温14度くらいと低めだったが、到着した頃には、ちょうど良い身体の温まり具合だった。
夏だったら、けっこう汗だくになってるだろうが、それもまた良しだな。
なんせ温泉なんだから目的地。

ひとっ風呂浴びたらビールとお食事

花の湯のMIXフライ定食500円税込: DMC-GX8 + LUMIX 20mm
MIXフライ定食500円税込
DMC-GX8 + LUMIX 20mm

たいした内容じゃないけど、温泉のあとのビールと食事って、なんだか旅をしてるような気分になれる。
普段は車なので、食事しながら美味そうに生ビール飲んでる姿を、羨ましいというより恨めしく視界の隅で捉えていたけど、今日は違う。
生ビールだ!つまみ代わりのMIXフライ定食だ!
というわけで、思いっきり堪能させていただきました。

オチはある

花の湯の最高にダメダメなイカリングフライ :DMC-GX8 + LUMIX 20mm
もう最高にダメダメなイカリング
DMC-GX8 + LUMIX 20mm

残念なお知らせがあります。
とても美味しそうに見える夕餉の品々というかフライですが、過去食べた中でも最高に不味いものでした。
それはもう壊滅的な不味さというか。

まず、イカリングフライ。
衣とイカの境目がない。
どういうことかというと、イカフライの、あの、サクッ→プリッという食感・リズムがないんですね。
それはもうまったく。

今回食したそれの食感といえば、

グチャッ→ベチャッ→プルン

カラッと揚がっていないので、噛んだ瞬間、衣からしみ出た油がグチャッ
次に、衣と具材の間から正体不明なトロミが口の中に流れ込むベチャッ
最後に、イカらしき具材を噛んだときのプルンプルンって何?
イカが何らかの理由でプリン状になっているとしか思えない。
まったく不思議な調理法だと思うが、はっきり言って迷惑だ。
俺たちのイカを返して欲しいと思う。

あと、海老フライもイカ同様というか以下同様だ。
なんで具がとろけるんだろう?
それと、具と衣の間の、謎のトロミ。
なんだか、たこ焼きっぽいんだよね。
半生の小麦粉ってことかな?
もはやフライじゃねーな。

それでも美味しくいただけたという不思議

葉の湯のMIXフライ定食500円税込み。鳥の唐揚げは普通に美味い DMC-GX8 + LUMIX 20mm
鳥の唐揚げは普通に美味い
DMC-GX8 + LUMIX 20mm

あと、ご飯もひどかったんですけど。
なんというか、きりたんぽにでもするつもりだったんだろうか。
飯粒が個々の輪郭を保てず、ひとつの群体としての存在になりつつあった。
まるで人類補完計画みたいな?
いっそのこと、きりたんぽになってしまえば諦めもついたろうに。

普段なら怒り出して「喰えるかこんなもん!」と小声で叫び出すところだが、温泉につかって蕩けたワタシの脳味噌は、どういうわけかオールアクセプトなわけで、しょうもない品々を「ああ不味い」と言いながら、パクパク、グビグビと消化していったのである。
まあいいか、花の湯だし。
ビール美味いし。
あと、唐揚げとキャベツとみそ汁は普通に食えたし。
定食500円だし。

きっと温泉につかり過ぎて頭に花でも咲いて…いや、湧いていたんだと思う。
花の湯だし。

帰りはバスでミニマム旅行

花の湯の、ほぼ満車の駐車場 DMC-GX8 + LUMIX 20mm
ほぼ満車の駐車場をあとにバス亭へ向かう
DMC-GX8 + LUMIX 20mm
暮れなずむバス亭(函館バス湯元花の湯前停留所) DMC-GX8 + LUMIX 20mm
暮れなずむバス亭
DMC-GX8 + LUMIX 20mm
人影もまばらな車内(函館バス130系統) DMC-GX8 + LUMIX 20mm
人影もまばらな車内
DMC-GX8 + LUMIX 20mm

時刻表では18:54のバスが到着したのがほぼ19:00。
まあ、良いではないか。
バスを待つ、あの、どこか心許なさが旅情を誘う。
人影もまばらな車内だが、それでも、この時間に数人でも乗客がいたことにちょっと驚く。
と思ったら、ジャージ姿の少女達が喧しくバスを降り始めた。
どうやら花の湯に来たらしい。

バスが停留所を離れてほどなく、左折して函館新道を進み、ホーマックの交差点を右折する。
いつもの通り慣れているはずの道が、まったく別の場所に見える不思議。
うん、これは間違いなく「旅」だな。

数分ほどで目的のバス亭に到着、150円払って降車する。
150円?
安いね、また来よう。

辛うじて明るさを残した街に飛び出すと、ひんやりとした空気に触れた身体が少しだけ縮んだ。
夏までは、まだ少し遠い。

歩き始めたワタシを、今しがたのバスが追い抜いて行く。
振り返るには早すぎるが、きっと、とても良い「旅」だったと、記憶の片隅に留まることだろう。
そんなひとときだった。

今度は友人を誘ってみよう。
その時はもう、すっかり夏になってるだろう。
そうでなければ困る。
なにせ、夏なんだから。
夏と言えばビールだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.