函館グルメサーカスに行ってきた2017

午後、初秋を飾るに相応しい、青く晴れ渡った空に誘われ、チャリでグルメサーカスに向かった。
目当てが特にあったわけでもなく、ただ何となくフラフラと。
夏の名残が色濃い街を眺めながら。
が、それがかえって良かったのかも知れない。
少しだけだが、いつもより楽しい時間を過ごすことできた

13時半頃、会場到着早々、行列と遭遇。
なんだろうと思ったら、シャシリク(ロシアの串焼き)を待つ人々だった。
主催はユジノサハリンスク市(日本ユーラシア協会函館地方支部)。
行列といっても10人ほどだが、例年、行列ができたという記憶が、ワタシにはない。
美味いものにありつける予感がビンビンだ。
ためらうことなく行列最後部に並ぶ。

炭火にあぶられるチャシリク
炭火にあぶられるチャシリク いい匂い
チャシリクを焼く香ばしい煙があたり一面に立ちこめる
香ばしい煙が漂ってくる 早く食べたい
チャリシリク一串600円税込
チャリシリク一串600円税込 ガーリックの風味が食欲そそる。

このチャシリク、味もボリュームも納得の一品だった。
ガーリックの利いたタレに漬け込んだ赤身肉。
霜降りの対極に位置する部位だが、ワタシ的にはこっちのほうが好きだ。
適度な噛み応えと、染み出る肉汁のアクションが小気味よい。
あ、今オレ、肉食ってる!的なエネルギーが全身に降り注がれる。
ビバたんぱく質!

撮影場所に難儀していたワタシに、快く相席を申し出てくれた男性の後ろ姿
撮影場所に難儀していたワタシに、快く相席を申し出てくれた男性の後ろ姿
なんだかゴージャスなご婦人
なんだかゴージャスなご婦人
二軒目は長崎 豚の角煮まん
二軒目は長崎 豚の角煮まん
デルモっぽい角煮まんレディ 可愛い 顔小さい、
デルモっぽい角煮まんレディ 可愛い
豚の角煮マンのプロモーション活動
豚の角煮まん プロモーション活動の裏側
豚の角煮まん400円 ホロホロ・トロトロの角煮とシンプルな饅頭生地のコラボが美味
ホロホロ・トロトロの角煮とシンプルな饅頭生地のコラボが美味
函館グルメサーカス2017 グリーベルト会場の賑わい
2017函館グルメサーカス グリーンベルト会場 今年も大いに賑わう
食べたいものは大概売り切れという法則
焼き鯖棒寿司 食べたいものは大概売り切れという法則
「ポルコ」前のミニバー
「ポルコ」前のミニバー
会場近くの老舗のやきそば店「まるきん」
会場近くの老舗やきそば店「まるきん」 そこそこに繁盛の様子
帰路、謎物件に出会う チャリ撮りの醍醐味
帰路、謎物件に出会う チャリ撮りの醍醐味
誰がなぜ? 不思議だ
誰がなぜ? 良く分からないままシャッターを切る
シュウェットカカオ付近で事故に遭遇する
シュウェットカカオ付近で事故に遭遇する
消火栓にぶつかった模様
消火栓にぶつかった模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.